宮川愛李(妹子)の読み方や愛称は?経歴や性格に歌唱力の評判も

歌手
宮川愛李

中高生を中心に人気が高いアーティスト・みやかわくん。

 

みやかわくんが年明けに開催したライブ「みやかわくん大新年祭2019」で「妹子・宮川愛李としてのアーティスト活動開始」が発表され、話題になっていました。

 

 

みやかわくんについてはこちら→みやかわくんの身長や高校は?かわいい妹子の画像におすすめ動画も

 

そして4月11日(木)に東京・マイナビBLITZ赤坂で初ワンマンライブを開催し、大成功を納めました。

 

今回は妹子こと宮川愛李さんについて、経歴や性格など調べていきます!

 

スポンサーリンク

宮川愛李のプロフィール

 

 

名前:宮川愛李(みやかわ あいり)
別名:妹子
生年月日:2000年12月28日
出身地:東京都新島村式根島
兄弟:兄二人

 

宮川愛李の読み方と愛称

 

プロフィールにも書きましたが、愛李(あいり)と読み、本名です。

 

愛称はまだ定着はしていないようです。

 

しかし愛李さんはみやかわくんの実の妹・妹子として既に名が知れています。

 

その為、ファンの中では今まで通り「妹子」と呼ぶという方が多いようです。

 

「愛李」ですから、愛李ちゃんやあいちゃんなど呼びやすい愛称は付きやすいとは思いますが、今まで「妹子」と呼んでいて急に変えにくいですよねw

 

愛着、親しみやすさといった点でも、「妹子」人気は高いようです。

 

宮川愛李の経歴と性格

 

性格についてですが、垣間見えるツイートがありました。

 

 

 

兄弟愛がスゴイですw

 

LINEのツイートはみやかわくんがたまにしていて、愛李さんはしていません。

 

その代わり(?)

 

 

 

家族の仲が本当にいいんですね!

 

たまーに、「自慢の兄」とみやかわくんについてツイートしている事もありますw

 

スポンサーリンク

 

経歴についてですが、式根島の中学校を卒業後、みやかわくんと同じ高校に進学。

 

それを期に本土で一人暮らしをしているそうです。

 

高校の名称、大学進学等の情報はわかりませんでした。

 

また、「歌ってみた」等の活動はみやかわくんとのコラボ動画のみでした。

 

6月22日にミニアルバム「スマホ映えの世界」でデビューするので、まさしくこれからという事ですね!

 

そしてデビュー記念としてヴィレッジヴァンガードとのコラボが発表されています。

 

 

全国9箇所のヴィレヴァンでイベントが開催されるとの事なので、要チェックです。

 

宮川愛李の歌唱力の評判

 

DAOKOさんと米津玄師さんの「打上花火」をみやかわくんと歌った動画で、愛李さんの歌唱力の高さは話題になっていました。

 

 

米津玄師さんについてはこちら→米津玄師の読み方や性格は?家族やハチとの関係にカラオケおすすめ曲も
米津玄師の経歴が凄い!本名や身長は?気になる年収に熱愛彼女の噂も

 
DAOKOさんについてはこちら→DAOKOがかわいい!本名や身長は?すっぴんや卒アルに彼氏の噂も

 

実はこの「打上花火」、コラボ動画としては2つ目でした。

 

2015年に「ウミユリ海底譚」を一緒に歌っていました。

 

 

透明感のある歌声で、さすが兄妹という相性の良さですね!

 

「打上花火」のコメントでも「妹上手すぎる」「兄妹で歌上手いとかヤバイ」というのが溢れていました。

 

これまで表立って歌う活動をしていなかったので、アーティストとして活動しだしたこれからは、もっと実力を付けていくと思います。

 

ヴィレヴァン公式アカウントも絶賛しています!

 

 

まとめ

 

ビジュアルもかわいく、歌声も綺麗。

 

実力もあり、しかもみやかわくんの妹である事で名前も売れていますから、これからの活動は比較的スムーズに行くのではと思います。

 

次のライブについてはまだ未定のようですが、これからデビュー記念・ヴィレヴァンイベントが控えています。

 

もしかしたら、インストアライブになる・・・?と少し期待していますw

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ