石橋陽彩(いしばしひいろ)の歌声が凄い!身長や中学は?声優の評判も

カラオケ★バトル 声優 歌手
石橋陽彩

3月16日に公開されたディズニー/ピクサーの映画「リメンバー・ミー」の日本語吹き替え版で主人公”ミゲル”役を演じた事で話題の石橋陽彩くん

 

まだまだメディアへの露出が少ない石橋くんが3月23日放送のミュージックステーションへ出演するそうです。

 

歌う曲はもちろん「リメンバー・ミー」。

 

しかもシシド・カフカさんと東京スカパラダイスオーケストラと一緒に!

 

そんな大舞台に立つ石橋くんがどんな人なのか、調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

石橋陽彩のプロフィール

 

名前:石橋陽彩(いしばし ひいろ)
生年月日:2004年8月24日
出身地:千葉県
血液型:A型
所属:エイベックス・アーティストアカデミー ヴォーカルコース特待生

 

名前ですが、「陽彩」で”ひいろ”と読むのです。

 

ちょっと一発じゃ読めない、珍しい読み方ですね。

 

しかし、明るいイメージの字なので好印象だし、インパクトもあるので覚えやすいかも?

 

さて経歴ですが、石橋くんはミュージシャンになることを夢みて、4歳の頃から歌とダンスのレッスンをしていたそう。

 

エイベックスに所属したのは2015年で、エイベックス主催の「キラッと☆エンタメ チャレンジ コンテスト」で1万人の中から優勝し、そのまま所属となりました。

 

現在もアーティストアカデミーでレッスンに励んでいます。

 

あのエイベックスで”特待生”ですよ!ほんとすごいですよね!

 

しかも、現在まだ13歳。

 

中学生で映画の主演声優を務めた方はほかにも居ますが、やはりすごいですよね。

 

それだけ表現できるという事ですから。

 

テレビへの出演としては、2016年に「THEカラオケ★バトル」に出場しましたが優勝は逃してしまったようですね。

 

当時の映像があったのでお聞きください。

 

 

高音の伸びがすごいですね。小学生とは思えません。

 

こちらは藤木直人さんのギターで歌った「リメンバー・ミー」です。

 

 

リアルタイムで観ましたが、かなり緊張していると話していましたw

 

先の動画と少し声が違うと思いますが、実は「リメンバー・ミー」の収録期間と声変わりの時期が重なったようで、「小学5年生くらいの高い声で」と指示されていた事が一番難しかったと語っています。

 

また、第一生命のラップのCMにも出演しています。

 

 

見た事はありましたが、石橋くんだったんですね!

 

個人的にはちょっと力みすぎてる感はあれども、上手いなぁと思いましたが、「ウザい」という声もあるようです。

 

調べてみると、「ラップである意味がよくわからない」や「どこのCMCMか結局わからないままで意味不明」という声がありました。

 

・・・これって石橋くんのせいじゃないですよねw

 

スポンサーリンク

 

石橋陽彩の身長や中学

 

身長ですが、小さく見えますよね。

 

調べても公開されていませんでした。

 

なので、石橋くんのツイートにBeverlyさんとの2ショットがあったので検証してみたいと思います。

 

 

Beverlyさんの身長は153cmと公開されています。

 

少し石橋くんに寄っていますから、まっすぐ立っているよりは低くみえますよね。

 

足元がわからないのでなんとも言えませんが、石橋くんは145~150cmくらいではないかと思われます。

 

13歳男子の平均身長は157.6cmとなっているので小さい方ですね。

 

しかし男の子の身長が伸びるのはこれからですから、どのくらい伸びるか期待しちゃいますね!

 

通っている中学校については、さすがに情報がありませんでした。

 

噂では千葉県習志野市ではないかと言われていますが、根拠は不明でした。

 

石橋陽彩の歌声がすごい

 

映画「リメンバー・ミー」の主役に抜擢された理由の一つは声とも言われています。

 

某番組ではオーディションの審査員をしたという音楽演出の一ノ瀬さんが出演し、こう語っています。

 

一声がいいんですよ。
「あ」って言った瞬間が、いいと思う音色をしているんですよ。

 

ものすごい絶賛されています・・・!!

 

先の動画でもわかると思いますが、とても伸びの良い高音ですし、聴き心地もいいですよね。

 

映画の中では藤木直人さんと歌う「ウン・ポコ・ロコ」という曲があります。

 

 

石橋くんと藤木さんの声の相性もバッチリで、素敵です!

 

歌声について、藤木直人さんも語っていました。

 

「なんと言っても圧倒的な歌唱力。聞く度に感動していました。エンタテインメントの世界は結局、年齢は関係ないじゃないですか。すでに(表現者として)僕らと同じ立場にいるわけで、陽彩くんは素晴らしいものを持っている。僕は負けないように必死にくらいついて、どの部分で補おうかと考えていました」
引用:http://eiga.com/news/20180317/10/

 

音楽に携わっている人にここまで絶賛されるとは、ほんとにすごいですね!

 

石橋陽彩の声優の評判

 

声優としての評判もやはり、かなり良かったようです。

 

ドラマへの出演の情報はありませんでしたが、演技は舞台で経験済みだったようです。

 

初めて舞台に出演したのは2016年でしたが、評判は上々だったそう。

 

 

2017年にはミュージカル「フランケンシュタイン」に出演し、日生劇場という大きな舞台を踏んでいました。

 

元々表現する事は上手かったのではないかと思いますが、歌だけでなく、舞台にミュージカルにと経験していたからこそ、声優の仕事も余計上手くできたのかもしれません。

 

根っからの”表現者”なのでしょうね。

 

まとめ

 

こんなに評判も、共演者からの評価も高くて、まだ13歳なのですから、これからがホントに楽しみですね!

 

きっとマルチに活躍できるアーティストになっていくと思います。

 

また、映画「リメンバー・ミー」は第90回アカデミー賞で長編アニメーション賞と主題歌賞の2部門も受賞していますし、これは観に行くしかないです・・・!

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ