田中彩子はハーフで性格は超天然?歌唱力の評判や結婚の噂も

歌手
田中彩子 アイキャッチ

2018年1月20日のバラエティ番組「嵐にしやがれ」に出演する、コロタトゥーラの才能を持つソプラノ歌手、田中彩子さんが出演しました。

 

「嵐にしやがれ」のコマーシャルを見ただけでも、この人は非常に特徴をもっているwと気になったので今回はそんな田中彩子さんを調べていきます。

 

スポンサーリンク

田中彩子はハーフで性格は超天然?

田中さんはちょくちょく片言な喋り方になることからハーフでは?と思われたかもしれませんが、れっきとした日本人ですw

高校生の時から留学しその後ずっと海外生活が長い為、日本語を話す機会がなくなっていったことにより、日本語がときおり出てこないとか(笑)

 

日本と海外の暮らしが同じくらいなので日本語忘れても仕方がないのかもしれませんね。

 

しかしこの言葉の使い方、日本人なのに言葉がおかしい滝沢カレンさんに似ていますね。

 

あそこまでひどくはないですが・・・(笑)

 

性格はテレビでみる性格は結構おっとりしているように見えますが、実は超天然なのかも・・・(笑)

 

16.9.14 田中彩子 「世界的ソプラノ歌手は超天然!

まあ先程もいったようにたまにしか日本に来ないため、日本語が突発的にでてこないのでしょうねwww

 

でも面白いですw

スポンサーリンク

田中彩子のプロフィール

田中彩子 プロフィール


名前:田中 彩子(たなか あやこ)
生年月日:1984年2月23日
出身地:京都府
血液型:B型

 

3歳からピアノを始め、声楽を学ぶため18歳で単身ウィーンに渡りました。

 

22歳で日本市場最年少で、スイスの首都ベルン市立劇場にて、ダニエル・インバル指揮の”フィガロの結婚”で代役なしのソリストデビューを飾ったそう。

 

田中さんはコロラトゥーラ(イタリア語)という、クラシック音楽の歌曲やオペラにおいて、早いフレーズの中に装飾を施し華やかにしている音節のことで、田中さんはそのコロラトゥーラの中でも特に高い音域が出せるハイ・コロラトゥーラの持ち主です。

 

田中彩子の歌唱力の評判は?

田中さんは小鳥のような高い声でかわいいですよね。どちらかというと綺麗な人なので、この顔からこんなかわいい声がきけるとギャップがすごいですねw

 

田中さんは最初ピアニストで音大を目指していましたが、プロを目指すには手が小さくて向いていないという事で歌の先生を紹介されたそうです。

 

発声練習でなんと4オクターブを出せる事がわかり驚かれました。

その時、”100年に1人の逸材”と言われたそうです。

 

田中彩子 / 夜の女王のアリア~歌劇《魔笛》より(モーツァルト)

田中さんの歌声は、ドイツの名ソプラノ歌手エッダ・モーザーさんらからも、「そう人生の中で聴くことのできないすばらしい歌声」絶賛していました。

またコンサートツアーを行った南米ブエノスアイレスでは「信じられないほどの正確な高音と、それに反する柔らかな響きが天使のよう!」と各誌が大絶賛!

 

田中彩子の結婚の噂は?

田中さんを調べていると結婚というワードが出てきます。

 

綺麗な人でもう30代ですから結婚していてもおかしくはないと思うのですが、結婚どころか彼氏もいないそうですw

 

ずっと声楽の勉強をしてこられて目もくれず頑張って来られたのでそういう事はあまり興味がないのかもしれませんね。

 

去年あたりから日本のテレビ番組に出る事が多くなってきた田中さん。

日本語もかなり面白いのでこれから人気がでてくるかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ