平井堅の2017紅白曲は何?本名や性格は?熱愛彼女(彼氏)の噂も

歌手

2017年の大晦日の一大イベント、NHK紅白歌合戦に出場が決まった平井堅

平井堅 記事上


引用:https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/09/0010354098.shtml?ph=1

果たして紅白では何を歌うのでしょうか。

 

また、私生活が全く想像つかないのですが、、彼氏がいるとの情報も!!

 

ここではそんな平井堅に焦点を当てて書き進めてゆきます。

スポンサーリンク

平井堅の2017年紅白曲は何?

2017年の紅白歌合戦で8回目の出場となる平井堅ですが、果たして2017年紅白で歌う曲は何なのでしょうか。

 

最も可能性が高いと思われるのはドラマ「小さな巨人」(TBS系)の主題歌となって聴くものの心を打ち振るわせた「ノンフィクション」です。

 

「ノンフィクション」はこれまでの平井堅の甘い歌声と相まっての甘い歌詞が際立つ曲とは一線を画し、歌詞が鋭角に心に突き刺さる平井堅の現在の状況をよく表わしています。

 

2017年8月25日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)に出演した際に平井堅は、14年前に襲われた危機について語っていました。

 

14年前に、平井堅は引退を考えたそうです。その時、平井堅は傍から見ると順風満帆に見えたのですが、平井堅は全く違っていたのです。

 

2000年にリリースした8枚目のシングル「楽園」が大ヒットしたのですが、有名になってしまった自分に関して折り合いがつけられず、戸惑うばかりだったとか。

 

番組で平井堅は「歌をたくさんの人に聴いてほしいっていうのと、有名になるっていうことが繋がっていなかった」と当時の心中を告白し、その戸惑いは計り知れなかったようです。

 

また、東京・三軒茶屋で女の子に追いかけ回され、それはそれは恐怖でしかなかったそう。

 

そして、平井堅は歌う前に歌詞を間違えたらどうしようなどとどうしようもない不安に襲われて楽屋に逃げて泣いたりと、精神的にどん詰まりの状態まで追い詰められていました。

 

2003年ごろには日本で歌うことが最早恐怖でしかなくなり、マネジャーに「辞めたい」と引退を決意し、失意の内にアメリカ・ニューヨークへと逃げ出しました。

 

ニューヨークに渡って3か月してニューヨークに住もうとマンションも買ったそうです。

 

しかし、英語が思うように話せなかったためにニューヨークで暮らすことは断念しましたが、人目を気にせず異国の地での生活は平井堅の心の傷を癒やしました。

 

また、ニューヨークのレンタルビデオ店で見つけた美空ひばりのビデオを借りた平井堅はそれに衝撃を受けます。

 

その時に平井堅は日本語で歌う面白さ、奥深さに気が付いたといいます。

 

そして、帰国後は曲作りの際に言葉に神経を研ぎ澄まし、自分の言葉とは何なのだろうかと言葉に重きを置くようになったそうです。

 

そんな平井堅の思いが「ノンフィクション」では結実していると思います。

・ノンフィクション

「ノンフィクション」では甘い歌声は変わらずに平井堅ならではなのですが、その歌詞は藻掻いて藻掻いて絞り出したかのような苦悩が滲んだ言葉がとても印象的で、心にグサリと突き刺さるのです。

 

歌声とその歌詞とのギャップがただならない平井堅の現在を体現していると思われ、「ノンフィクション」は平井堅が新境地を開いた作品としても後々語られる作品とも言えます。

 

その「ノンフィクション」が紅白で歌われる可能性大と思われるのです。

平井堅のプロフィールや本名は?

平井堅

名前:平井 堅(ひらい けん)
生年月日:1972年1月17日(45歳)
出身地:三重県名張市
血液型:A型
身長:183㎝
趣味:バスケットボール、カラオケ、水泳
所属:ピンナップ アーティスト

平井さんの本名はそのまま平井堅です!

 

簡単に平井さんのこれまでを振り返っておきたいと思います。

 

平井さんの生まれは大阪府で2歳で三重県名張市へと転居し、高校卒業までそこで育ちます。

 

大学は横浜市立大学出身です。

 

大学生の時から既に活動を始めていて、ライブハウスの専属歌手等を経て1993年にソニーレコードと契約、そして、1995年にCDデビューを果たします。

 

ファースト・シングル「Precious Junk」は三谷幸喜作品のドラマ「王様のレストラン」(フジテレビ系)とタイアップがあったもののヒットしませんでした。

 

その後もヒット曲には恵まれずにいました。

 

しかし、2000年に発表した「楽園」が大ヒットします。

 

この後は、ヒット曲を連発し、ベストアルバムを含めて4作のアルバムがミリオンセラーを記録し、これは男性ソロアーティストでは歴代1位に。

 

また、平井さんはサザンオールスターズの大ファンとしても知られていて、大学時代、桑田佳祐の自宅の門の上に「桑田佳祐様、原由子様、コーラスでいいので雇ってください。平井堅」と言うメッセージと共にプロコル・ハルムの「青い影」とビリー・ジョエルの「ニューヨークの想い」の2曲を平井堅自身が歌ったものを収録したテープを置いていったという過去を持ちます。

 

これは、平井さんがメジャーデビュー後の2003年に、「FNS27時間テレビ~みんなのうた」(フジテレビ系)内でのコーナー、「桑田佳祐の音楽寅さん~MUSIC TIGER~サザンオールスターズスペシャル」で、サザンのヒット曲「栞のテーマ」で平井さんもハモりに参加することで夢が実現しています。

スポンサーリンク

平井堅の性格は?

気になる平井さんの性格ですが、これはテレビ等に出演している平井堅を見れば解るとおり、飾り気がなく、それでいて面白いユーモアのセンス抜群の性格をしています。

 

彫りが深くよく外国人に間違われる平井堅は、それを逆手にとって「ソレデモシタイ」(2014年)のPVでインド人に扮していることからもそれが解ります。

平井堅の熱愛彼女(彼氏)の噂

平井さんは2004年に週刊誌でカフェで飲食を共にする男性との熱愛と報じられ、ゲイではないかとの噂がありますが、その真相は解っていません。

 

しかし、その約8年後の2012年にも同じ男性とのツーショット写真がフライデーされています。

また、ネット上では平井さんは結婚しているらしいとの噂もあるようです。

しかし、これに関しても確かな情報は全くありませんのでその真相は全く解りません。

 

ただ、外国人のように彫りが深く、甘い歌声で歌でも歌い上げられた際には、男女を問わずに魅了されること間違いありません。

まとめ

2017年の紅白歌合戦出場が決まった平井堅は、これで8回目の紅白出場になります。

 

2017年はドラマ「小さな巨人」の主題歌「ノンフィクション」がヒットし、紅白で平井堅が歌う曲の№1候補です。

 

「ノンフィクション」で平井堅は硬質な言葉で聴くものの心にグサリと刺さる歌世界を披露していて、この「ノンフィクション」は平井堅の新境地を開いた作品と言えます。

 

気さくでユーモアのある平井さんは、男性とのツーショット写真を撮られるなどゲイとの噂がある一方で、結婚しているとの噂もあり、そのプライベートは謎に満ちています。

 

しかし、アーティストは作品が良ければプライベートはほとんど関係ありませんので、売れっ子の平井さんは更に言葉に力強さと鋭さを加えた平井堅独自の歌世界をこれからも切り拓いてゆくこと間違いなしです。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ