斎藤工は天然でコント好き!彼女と結婚の噂も!ゲームやメモって?

俳優
スポンサーリンク

ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で上戸彩の不倫相手役を
演じ、「色気がある」「かっこいい」などで大ブレークを
果たした斎藤工さん。

 

2015年4月にはフジテレビ「医師たちの恋愛事情」に出演します。

医師たちの恋愛事情

これは大学病院を舞台に、医師それぞれが「秘密」を抱えながらも、出世争い
・恋愛・不倫・三角関係など、さまざまな欲望が渦巻く中で生きていく
「医療ドラマ」と「恋愛ドラマ」が融合した「医療ラブストーリー」です。

その中で、斎藤さんは365日24時間、患者を救う事だけを考えている
心優しい性格の外科医を演じてます
今回はそんな斎藤工さんを調べていきたいと思います。

斎藤工のプロフィール

斎藤工 プロフィール

本名    斎藤 工(さいとう たくみ)
生年月日  1981年8月22日
出身地   東京都
身長    184cm
血液型   A型
所属    ブルーベアハウス

斎藤工さんといえばフジテレビの「めざましテレビ」でレジェンド
言われるほど映画に詳しいですね。

斎藤工 エンタ

実は斎藤さんは映像ソフトの製作・配給事業に携わっていた父親の影響
で、幼少期より映画館に通うのが日常でした。

 

高校時代には、小規模なビデオ屋に並ぶ映画を「あ」行から
全部制覇したほどです。くわしいはずですよね。

 

俳優としてのデビューのきっかけは2001年に
韓国映画「リメンバー・ミー」の日本リメイク版
「時のかおり~リメンバー・ミー」のプロデューサー
にスカウトされ俳優デビューを果たしました。

斎藤工 映画

しかし斎藤さんは高校時代から「MEN’S NON-NO」や「POPEYE」
などモデルとして活動していたのですね!

 

しかもあのパリコレにも出ていたそうですよ。

 

また駆け出しの映画俳優で仕事を選べない時、一緒に共演していた
TIM・レッド吉田さんから

 

「腐るなよ、腐らずに続けていれば絶対どうにかなるから」

 

と励まされ続けていたそうですよ。

 

その後数々の映画やテレビドラマに出演し、2014年「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」
大ブレークを果たしています。

スポンサーリンク

斎藤工は天然でコント好き!

斎藤さんといえば甘いマスクでクールな印象を受けますが
実はとんでもなく天然って知ってました?

 

斎藤さんは甘いマスクで平然と下ネタを連発するらしいですよ(笑)

 

黙っていたらとっつきにくく見えても話し出したら面白い!
そういうところにみんな吸い寄せられるのかもしれませんね。

 

また斎藤さんはそういう面白い所もあってか
コントにも出演しています。

 

お笑い芸人「ニッチェとのコント」

 

なかなかここまで気合の入った人はいないのでしょうか。

斎藤工の彼女と結婚の噂?

斎藤さんは高校時代10才も年上の人と交際していました。
しかも初めての彼女で、その彼女の家で同棲をし、高校はそこから通うといった普通の人とは違う生活

をしてきました。

 

斎藤さんは当時の恋愛を「昼顔」に負けないくらい刺激が強かった
と話しており、そこでいろいろな体験をしてしまったために
今では普通の恋愛が物足りなく感じるときがあるそうです。

 

そんな斎藤さんは結婚するとしたら籍を入れない”事実婚”が
いいそうです。

 

最近の結婚をゴールとするのではなくその先の現実
を描いている映画が増えている中、結婚のあり方自体が
変わってきているから。

といったことから来ているのですが、若い世代はそれで
いいかもしれませんが、親の世代はこれにはかなり
違和感が生じるのではないでしょうかね。

 

いま斎藤さんは彼女はいないようですね。
そういう人があらわれるでしょうか。

ゲームやメモって?

斎藤さんはとうとうゲームにもなりました
スマホのアプリで「恋のシナリオ~斎藤工と秘密の恋~」

斎藤工 スマホ

女性向け乙女・恋愛シュミレーションゲームだそうですよ。

 

女性の方必見ですね(^^♪

 

また斎藤さんを調べているとメモというキーワードが
出てきます。

 

これは何かといいますと、
斎藤さんは仕事に関する考えなどをまとめた
メモがありました。

 

それがこちらなんです。

斎藤工 メモ

いろいろ書き溜めて
勉強熱心だなと思います。

 

しか~し、よく見てください!
誤字だらけです(笑)

 

・・・何個あると思います?

答えはご想像にお任せします(笑)

 

まあメモですからね。
自分が分かればいいんですよ・・・。

 

今度映画「小さな世界はワンダーランド」でナレーションに
初挑戦する斎藤さん。

声もいいですから、また聴いた人を虜にするのでしょうね。頑張って行ってほしいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ