dボタン解散の原因は?臼杵寛はソロ活動開始だが三中元克は引退も?

芸人

三中元克さんと臼杵寛さんが組んで活動していたdボタンが2018年1月をもって解散するとニュースで報じられましたね。

 

三中さんといえば「めちゃ×2イケてるッ!」に2010年より”唯一の素人”として出演していましたが、度重なる嘘や素行の悪さにより国民投票により番組を下ろされました。

 

その三中さんがお笑いコンビを組んでいたこと時点が初耳だったし、そのdボタンが解散という話題も”ふ~ん”レベルだったのですがそのdボタンってコンビはどんなコンビだったのか、また2人はどこへ向かっていくのか気になったので、今回はそのdボタンにスポットを当てていきます。

 

スポンサーリンク

dボタンとは?

そもそもdボタンとはどういうグループなのでしょうか?

sannnaka

名前:三中 元克(さんなか もとかつ)
生年月日:1990年7月24日
出身地:大阪府
血液型:A型
身長:168cm
事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

臼杵寛

名前:臼杵 寛(うすき かん)
生年月日:1991年3月30日
出身地:大阪府
血液型:B型
身長:174cm
事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

dボタンとは2015年末に三中さんの高校の同級生で元L.A.F.U.のメンバーだった臼杵寛とお笑いコンビを結成したのが発端でした。

 

その当時のコンビ名は”ワンハンドレッド”という名だったそう。

 

事務所のオーディションへのネタ見せで酷評されたのがきっかけかどうかわかりませんが、こののち二人のラッキーナンバーである「3」を由来としての”サンプライズ”に改名しました。

 

そしてよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する事が決まりました。

 

その所属が決まった2月にめちゃイケからクビ宣告を受けた三中さん。

 

その番組で行われた残念会で、加藤浩次さん、出川哲郎さんにdボタンに改名しろ!と強く言われて最初は断ったものの、結局”dボタン”に改名しました。

 

2015年末から2016年の3月までに3回の改名があったのですね。

 

まあどのコンビ名もわかりませんでしたが(笑)

dボタンのネタ?

それではdボタンはどんなネタをやっていたのでしょうか?

 

どうも劇場でやっていただけらしいので公式なのはありませんでしたが、一つだけありました。

dボタンネタ

 

三中さんがボケ?て臼杵さんがツッコミを入れるパターンの漫才ですね。

 

三中さんはボケてるというより行動を臼杵さんがダメ出ししてるって感じがしますが(笑)

 

dボタンの解散の原因?

dボタンの解散は三中さんの相方臼杵さんのツイッターで発信されてました。

 

 

普通解散となったら2人連名で解散の思いを伝えるのが普通だと思いますが、片方の臼杵さんのみの、しかもツイッター???

 

これから見るに三中さんは解散に同意しているかあやしいですね。

 

三中さんはもともとめちゃイケでは身勝手さや嘘をついたり、横柄な態度をとる事でスタッフからの信用もなくし、再オーディションという形で番組を下ろされています。

 

またdボタンは2016年6月にyoutube公式チャンネルを作っています。

しかしここでネタを披露しているならまだファンもついてきたのかもしれませんが…
(事務所に所属していたらダメか(笑))

 

動画も40件近くしか挙げてないため、中途半端な状態になってました。

 

番組もなくなって今まで助言してくれたり叱ってくれる人がいない中、三中さんの態度が原因で臼杵さんもコンビを組んでいるのが嫌になってきたのかもしれませんね。

dボタン臼杵寛の今後はソロ活動

臼杵さんの今後はピンでウクレレ芸人として頑張るそうです。

 

もともと歌って踊れる芸人、L.A.F.U.の一員で、他に”アンフィニ”というアイドルグループやロックバンド”SPIN CROSS”を継続していた臼杵さんはdボタンを解散してもやる事は十分にありそうですねw

 

頑張ってほしいと思います。

 

dボタン三中元克は引退?

三中さんは芸人にはなったもののこれと言って特技もない為、このままdボタンを解散するとそのまま引退なのか?

 

と思っていましたが、調べてみると実は2017年2月に劇団「三ランポリン4アタ―」を立ち上げたそうでその劇団の練習で非常に忙しいそうです。

 

さらに18年2月に公演が開始する為、もしかすると公演があるためdボタンの活動ができなくなっていったのかもしれませんね。

 

とりあえず三中さんにも仕事はありそうなので、引退という事はなさそうです。

 

どうでしたか?今回はdボタンの解散とその原因について探ってみました。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ