夏に絶対遭遇したくない身近な危険生物まとめ!対処法や応急処置も

生物

青い空、暑い夏とくればやっぱり海水浴やBBQですよね。

 

夏には海水浴を楽しむお子さんや、色々なところでBBQを楽しむグループも見受けられます。

 

なかには知らない生物がみれて思わず触ってみたり、いつの間にか触れてしまったりしてしまう場合があります。

 

そしてその生物がなんと激痛や生死を左右する危険生物だったということがあるかもしれません。

 

これを知っていても完全には防げるとは言い難いですが、知っているのと知らないのとでは雲泥の差になってきます。

 

今回は絶対に知っておきたい超危険生物達と遭遇した時や毒を受けてしまったときの対処法をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

海の危険生物

まずは海の危険生物編、海や海岸付近でこいつらを見たら注意せよ!

 

カツオノエボシ

カツオノエボシ2

本州の太平洋沿岸にカツオが到来する時期に海流に乗ってきて浮袋の見た目が鳥防止に似ていることから、カツオノエボシと呼ばれるようになったそうです。別名電気クラゲ

 

見た目がビニール袋っぽいので間違えて拾い上げる人もいるそうですが、実は触手がありその触手には強力な毒を持っているのでさされると炎症を起こして腫れあがり。痛みは長時間続くそうです。

 

二度目に刺されると”アナフィラキシー”を起こしショック死する危険性もあるそう。

 

<対処法>
綺麗な青色で触りたくなるが絶対触らない。特に触手は毒があります。

 

海では海水に紛れてほぼわからないです。そのため激痛が走ったら必ずその場でははがさず、まず陸に上がってください。

 

<応急処置>
海水で洗い流す(真水はダメ)、近くにあるタオルやプラスチックボードを使って触手を除去する。(素手で行わない)

 

除去した後、氷や冷水で冷やし医療機関で治療してもらう。

 

ヒョウモンダコ

ヒョウモンダコ

体長10cmくらいで普段は地味な褐色だが興奮すると全身に鮮やかな青い斑点が浮かび上がる。

 

ヒョウモンダコの唾液にはフグと同じ毒素”テトロドトキシン”を体内にもっており噛まれると呼吸困難に陥り、死に至る場合もある。

 

なんとテトロドトキサンはフグの1000倍の毒をもっているそうですよ。

 

主に小笠原諸島や、南西諸島以南の太平洋からオーストラリアにかけての熱帯域・亜熱帯域に住んでいましたが、海水温の上昇により、どんどん北上しています。

 

そして最近では日本海側でも捕獲されたことが報告されているのでもうそろそろ日本全土にでてもおかしくないですよね。

 

<対処法>
体色をすばやく変化させるため周囲の岩や海藻にカモフラージュし、見分けがつかない場合も…

 

しかし刺激を与えると身体に鮮やかな蛍光のブルーの模様が浮かび出てくるのでわかりやすいです。

 

そんな時は怒っているので絶対に触らない様にしましょう。(怒ってなくても触らない事)

 

<応急処置>
噛まれた場合”テトロドトキシン”に対する解毒剤はないため、すぐ近くの病院に連れて行かないといけません。

 

数時間かかる場合は噛まれた場所を切開し毒を絞り出さないといけないこともあるそうです。(絶対口で吸いだすことはNG)

 

アカエイ

アカエイ

アカエイはトビエイ目アカエイ科に属するエイで日本を含む東アジアの沿岸域に広くに見られます。

 

浅海の砂地や泥地を好み海水浴場や河口にも住んでいます

 

尻尾に非常に強力な返しのトゲがあるため刺されるとそのトゲを抜きにくい。しかも刺されると激痛に襲われ、数週間も痛みが続いたり、アレルギー体質の人はアナフィラキシーショックに死亡する事があります。

 

<対処法>
浅井海の砂泥底に住んでいます。間違って踏んでしまった場合には毒針を受ける危険がありますが、基本的に触ったりしない限り人を刺すことはないようです。

 

なので、海水浴に行く場合にはその海に住んでいる生物を聞いとかなくちゃいけませんね。
まあ海の家のある海水浴場ではそんな所はなさそうですけどね。

 

<応急処置>
もしさされてしまったらまず毒を絞り、幹部を水かお湯で洗い流した後、早急に病院で治療を受ける必要があります。

 

陸の危険生物

同じく陸にも同様の危険生物がいますね。

 

大スズメバチ

大スズメバチ

日本全土にいて日本だけでなく世界最大の殺人蜂と呼ばれており、攻撃性が非常に高い獰猛な鉢。日本の鉢の中でもっとも強い毒をもち、毒液中には仲間を呼ぶフェロモンも含まれているそうです。

 

体長は女王蜂が40~55mm、働き蜂が27~40mm、オス蜂が27~45mmのでかさです。

 

かなりでかいですよね。多くの人が知っていると思いますが、刺された人が「アナフィラキーショック」を起こして死亡する時があります。

 

<対処法>
巣の周りは絶対近寄らないのは当然なんですが、遭ってしまった場合は
・慌てて手で払わない(払いのけると鉢を刺激してしまいます)
・80m以上離れるまで、出来るだけ姿勢を低くしたままで急いで逃げる
・背を向けず姿勢を低くしたまま後ずさるように逃げる。

 

<応急処置>
鉢に刺された場合人によって症状が変わりますが、じんましん、吐き気、発汗、頭痛、腹痛等があります。

 

特に意識がもうろうとしたり、呼吸が苦しくなって血の気が引くなどのショック症状の兆候が見られたら、できるだけ速やかに医療機関を受診してください。

 

ヤマカガシ

ヤマカガシ

危険なヘビと言えばマムシやハブですよね。

 

しかし最近話題になってきたのはヤマカガシ。日本国内では北海道や小笠原諸島以外ならどこにでも住んでいて、河川敷や田んぼに住んでいる日本の代表的なヘビの一種です。

 

しかも近年まで全く毒ヘビだと認識されてなかったという不思議なヘビです。しかもヤマカガシの頭は丸く、メガクリッとしていて愛嬌がある顔をしているのも特徴のひとつでペットとしても人気があるんだとか…

 

なぜ最近まで毒ヘビとして認知されてこなかったというと、一般的な毒ヘビは大抵口の中で一番前にある大きなに毒線がありますが、ヤマカガシは奥歯のみに毒線があります

 

その為、普通に人間にかみついた時に奥歯が皮膚に食い込むことがなかった事からヤマカガシに毒牙はないと思われてきました。

 

しかしある時、指を咬まれた中学生が死亡した事をきっかけにヤマカガシが毒ヘビである事がわかったのです。

 

しかもその毒性の強さは実は国内最強で、なんとハブの10倍、マムシの3倍ともいわれています。

 

<対処法>
基本的にヤマカガシは臆病で人間を見つけると逃げていくので問題はないようです。

 

しかし間違って踏んでしまわないよう注意しましょう

 

<応急処置>
・まずは落ち着いて行動する。(慌てると血液の循環が速くなり毒も周りやすいです)

・傷口の心臓に近い方をタオルなどできつめに縛り、数分おきにゆるめて血を流す。

・吸引器などで毒を吸い出すのが良いですが、ない場合口で吸いだす。しかし口内に虫歯や口内炎がない事

・傷口を消毒する。

です。そしてすぐに近くの病院に行った方がいいのですが、ヤマカガシの免疫血清を所有しているところはジャパンスネークセンターのみなので、そちらに連絡して指示を仰いだ方がよさそうです。

 

セアカゴケグモ

セアカゴケグモ

本来日本国内には生息していなかった外来種。1995年に大阪府で発見された以降、その他いくつかの地域でも見つかってきました。

 

毒があるのはメスのみで背中に赤い模様(上写真)があり、オスにはないようです。公園内のブロックの隙間とか道路側溝のフタの裏などに住んでいるとみられ、強い毒は持っていますが、攻撃性のないおとないしいクモです。

 

刺されるとチクリとした針で刺したような痛みを感じる→じわじわと強い痛みが広がる→かまれた部分のまわりが腫れて赤くなる→痛みが全身に広がる→異常な発汗→吐き気・嘔吐→倦怠感→寒気になるようです。

 

<対処法>
先程も触れましたが、おとなしいクモなのでうっかり踏んだり触ったりしなければ大丈夫だと思います。

 

<応急処置>
クモに刺されたら余分な毒を流水やせっけん水で洗い落とします。この時多少出血があっても訪台や止血帯はしない方が良いです。

 

出来るだけ早く病院にて治療を受けるようにしてください。もしクモを捕まえる事が出来れば同時に持参しましょう

 

まとめ

皆さんどうでしたか?身近なところでも危険な生物は住んでいる事を理解して、その場所にいく様にしましょう。

 

また毒を受けてもあわてず行動する事が大事なので、しっかりと対処していきましょう。

 

まだまだ暑い夏!気を付けて楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ