【訃報】佐藤タカヒロの死因は病気?家族(妻や子供)や連載漫画についても気になる

漫画家

こんにちは!ケンティーです。

 

佐藤タカヒロさんが亡くなられました。

 

佐藤タカヒロさんは現在週刊少年チャンピオンで「鮫島、最後の十五日」を連載中だったのですが突然の訃報に世間がざわついてます。

 

佐藤さんの死去については週刊少年チャンピオンを発行する秋田書店のホームページに次の様に発表されました。

 

平成30年7月3日未明、
週刊少年チャンピオンにて『鮫島、最後の十五日』を連載中の
佐藤タカヒロ先生が永眠されました。
享年41でした。

ここに生前の読者の皆様のご愛顧に深謝し謹んでお知らせ申し上げます。
編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、先生の作品を読み、
心を震わせることができたことを幸せに思いながら、
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
またご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。

なお、葬儀は近親者のみで執り行われますことを、
あわせてご報告させていただきます。

佐藤タカヒロ先生が週刊少年チャンピオンにて連載中の
『鮫島、最後の十五日』は週刊少年チャンピオン33号掲載分にて、
最終回とさせていただきます。

単行本に未掲載分の刊行等、今後に関しましては
決まり次第改めて週刊少年チャンピオン本誌、
並びに公式HPにて告知させていただきます。

佐藤さんはまだ41歳!

 

まだまだ働き盛りです。しかもそれ以前に病気だったという事も言われてません。

 

では一体死因は何だったのでしょうか?

 

今回は41歳という若さで亡くなられた漫画家、佐藤タカヒロさんについてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

佐藤タカヒロのプロフィール

佐藤タカヒロ

名前:佐藤 貴広(さとう たかひろ)
生年月日:1976年7月24日
出身地:山形県酒田市
作品リスト:「いっぽん!」
「バチバチ」
「鮫島、最後の十五日」

 

佐藤さんは仙台のデザイン専門学校卒業し、2000年に週間少年チャンピオン新人まんが賞準入選を果たしてます。
作品はすべて週間少年チャンピオン連載でした。

 

いっぽん!(全14巻)
バチバチ(全16巻)
バチバチBURST(全12巻)
鮫島、最後の十五日(18巻-連載中)

 

佐藤タカヒロの死因は病気?

佐藤さんの死因は今の所公式には発表されていません

 

公式に発表されていないとすれば、もしかすると自分で・・・と考えてしまいがちですね。

 

ただ、漫画の連載中であった事と、6月29日にツイッターでドカベン最終回での気持ちをツイートしていました。

 

上記のツイートから自分からとは考えにくいと思われます。

 

しかし連載中のマンガがあり入院していたという情報もなかった事から考える事は、やはり突発性の病気で脳卒中とか脳溢血の可能性があるのでは?と思いますね。

 

漫画家さんは非常に忙しく不規則なイメージがあるので無理して執筆していたことも考えられます。

 

公式に発表していないのはまだわからない状態なのかもしれませんし、今後公式発表があるのと待ちましょう。

スポンサーリンク

佐藤タカヒロさんの家族(妻や子供)はいるの?

亡くなった佐藤さんは家族がいるのでしょうか?

 

調べたところ佐藤さんが亡くなった際に、新聞の慶弔欄に喪主が妻の”七々子”さんである事が書いてありました。

 

なので、奥さんはいるようでしたが子供までいるかはわかりませんでした。

 

普通に結婚しているとすると、中学生や高校生の子供がいてもおかしくない年齢ですね。

 

連載中のマンガ「鮫島、最後の十五日」はどうなる?

佐藤さんは連載中のマンガ「鮫島、最後の十五日」を持っています。

 

公式では7月12日発売のチャンピオン33号に掲載される分が最終回となる事ですが、本人がなくなった事からこのまま強制的に終わりそうですね。

 

 

 

 

 

上記をみているともうほぼ完結だったのですね。

 

自分は読んでいなかったのですが、今まさに佳境を迎えるマンガが突然終わった事を考えると非常に残念な気持ちになります。

 

「鮫島、最後の十五日」を読んでみたい方はこちら

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

佐藤タカヒロ先生、ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ