後藤直紀(コーヒー豆焙煎士)のお店や場所はどこ?家コーヒーをおいしくする秘密とは【マツコの知らない世界】2018年2月6日放送

マツコの知らない世界

2018年2月6日にバラエティ番組「マツコの知らない世界」に出演するコーヒー豆焙煎士の後藤直紀さん。

 

後藤さんは焙煎士を持っていてさらにコーヒーショップのオーナーでもあります。

番組では家でもコーヒーがおいしくなる簡単なポイントや裏ワザを教えてくれるとか。

 

自分もコーヒーが好きなので楽しみです。

 

今回はそんな後藤直紀さんを見ていきましょう。

スポンサーリンク

コーヒー焙煎士とは?

そもそもコーヒー焙煎士とは何でしょうか?

 

焙煎士とはコーヒー豆を焙煎する人のことを言うのですが、そもそも焙煎とはコーヒーの生豆を炒める作業のことを言います。

 

資格があるのかと思ったら全くないそうで、コーヒー豆を痛める作業が出来る人は勝手に焙煎士と名乗ってもいいようですw

 

ただ焙煎はただ加熱すればいいわけでなく、加熱方法によって最終的に仕上がるコーヒー豆の味に大きな影響を与えるそうです。

 

なので、美味しいコーヒーを作るにはその焙煎士の腕前が非常に重要となってきます。

後藤直紀がオーナーのお店や場所は?

後藤さんは焙煎士と名乗っていますが、その他に全日本コーヒー商工組合連合会(JCQA)認定 コーヒー鑑定士やアメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)認定 カップ審査員などコーヒー関連の資格を多数持ってらっしゃいます。

 

しかも腕はぴか一なのでその後藤さんが焼くコーヒーは旨いと評判です。

 

そんな後藤さんがオーナーのお店の名前は”豆香洞コーヒー”

 

2008年6月に福岡県大野城市白木原3-3-1にオープン

TEL:092-502-5033

博多リバレインモール店もあります。

場所:福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモールB2F
TEL:092-260-9432

オンラインショップもあるので全国に配送できるそうですよ。

 

豆香洞コーヒーのサイト

中に書いてありますが”コーヒーのおいしさは人それぞれ。飲む方一人一人の心の中にあります。”

スポンサーリンク

後藤直紀のプロフィール

後藤直紀

名前:後藤 直紀(ごとう なおき)
生年月日:1975年
出身地:神奈川県横浜市生まれ、福岡県福岡市育ち
趣味:読書、料理、包丁砥ぎ

後藤さんはイベント会社勤務中にコーヒーの焙煎を独学で学んだそう。

 

その後独立を視野に東京の老舗「バッハコーヒー」の田口護氏に3年間師事をうけました。

 

そこでコーヒーのイロハを覚え、1年間コーヒー教室の講師を務めながら無店舗でコーヒーの豆を販売してたそうです。

 

そして2008年6月に「豆香洞コーヒー」をオープンし店を始めました。

 

そんな後藤さんは資格も沢山持っていて

 

・全日本コーヒー商工組合連合会(JCQA)認定 コーヒー鑑定士
(商品設計マスター・生豆鑑定マスター・品質管理マスター)
J.C.Q.A. Certified Master in Coffee
・CQI認定 Qグレーダー
Coffee Quality Institute Certified Q Grader

・アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)認定 カップ審査員

Specialty Coffee Association of America Certified Cupping Judge

・日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)認定 アドバンスドコーヒーマイスター

Specialty Coffee Association of Japan Certified Advanced Coffee Meister
・CAJ認定 ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ味覚審査員

また2012年には「ジャパンコーヒーロースティングチャレンジ2012」で優勝
2013年にはなんと「World Coffee Roasting Championship2013」で優勝
しています。

 

独学で勉強していって世界一になるなんて凄い人ですね。

家コーヒーをおいしくする秘密とは

家のコーヒーを数段美味しくする方法があるそうです。

 

これは番組内で言っているのですが、とても気になります。

 

番組終了後アップしますので楽しみにしていてくださいね。

追記:コーヒー豆は銘柄でなく豆の色で選べ!といって焙煎度合いによって苦味が違ってくるそうです。その焙煎度合いは豆の色でわかるそうなので選ぶのは豆の色

家で飲むコーヒーを美味しくする秘密は(ドリップ方式)

後藤

1:お湯は80℃~90℃(沸騰したお湯を別の入れ物に入れて注ぐ)
2:注ぎ方はむやみに回さない、最初は細く少量かけてコーヒー豆をむらし
  またふちにかけない。粉の層を崩さない。

それをすることによって余計なものがコーヒーに入らないようですよ!
是非やってみましょうw

 

とにかく後藤直紀さんの作ったコーヒーが飲みたくなったことは間違いないですし、反対に焙煎士も怪しい人がいるのだなw

 

という事もわかりました。

 

これからも頑張っていって欲しいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ