いきなり!ステーキ社長(一瀬邦夫)の経歴や学歴は?年収や家族も気になる

お店 坂上&指原のつぶれない店
いきなりステーキ

「いきなり!ステーキ」と言えば2013年に銀座に出店し、以降急速に店舗数を増やして大成功を収めている立ち食いステーキ屋ですよね。

 

現在は海外展開も行っている「いきなり!ステーキ」の社長である一瀬邦夫さんが7月29日(日)にTBSで19時から放送される坂上&指原のつぶれない店」にゲスト出演するとの事!

 

 

怒涛の勢いで店舗数を増やし、さらに邁進しているという事で、かなりの敏腕社長なのでしょうね。

 

という事で、今回は「いきなりステーキ」社長・一瀬邦夫さんの経歴や家族について調べていきます!

 

スポンサーリンク

いきなりステーキ社長(一瀬邦夫)のプロフィール

 

引用:https://xn--vekw70ybyi.com/ikinari-steak-itinose.html

 

名前:一瀬邦夫(いちのせ くにお)
生年月日:1942年10月2日
出身地:静岡県
学歴:日の出学園高校卒業
職業:株式会社ペッパーフードサービス 代表取締役社長

 

いきなりステーキ社長(一瀬邦夫)の学歴と経歴

 

意外にも最終学歴は「日の出高校」との事で、大学には進学せず「ナポリ」というレストランに就職。

 

その後、調理の腕を磨く為に東京・赤坂の山王ホテルに移り、修行しました。

 

そして1970年「キッチンくに」を墨田区向島にオープンさせ、見事独り立ちします。

 

1985年には”有限会社くに”となり、「ステーキくに」を多店舗展開

 

1995年に株式会社に組織変更し、現在の「株式会社ペッパーフードサービス」となりました。

 

ここまでは比較的順調な様相ですね!

 

2001年には日本フードサービス協会、日本フランチャイズチェーン協会の正会員になり、2003年には韓国・ソウルに出店します。

 

その後も2005年に台湾・台北、シンガポール、中国・北京ととんとん拍子に出店。

 

2006年には東京証券取引所マザーズ市場に上場と順風満帆でした。

 

しかし2007年に大阪と東京のチェーン店で店長と店員が不祥事を起こし、2009年には食中毒が発生して回復しかけていた信頼は無に帰しました。

 

赤字続きでしたが2011年12月の決算でようやく黒字に回復!

 

会社を畳んでもおかしくないような事が続きましたが、今ではペッパーランチが海外で300店舗以上、国内ではペッパーランチといきなりステーキだけで400店舗とかなりの人気を誇るチェーン店になりました。

 

諦めずにやってきた結果ですね!すごいです!

 

いきなりステーキ社長(一瀬邦夫)の年収

 

国内外でおよそ600店舗もあるお店の社長となれば、やはり気になるのが年収ですよね。

 

正確な年収は公開されていないので推測になりますが、会社の実績から考えて、年収は約5000万円以上ではないかと思われます。

 

また、一瀬さんは会社の株も全体の17%程保有しているという事で、配当金が約4000万円以上あると考えられます。

 

なので、合算して1億円近い年収があると考えられます。

 

さすがですね!

 

いきなりステーキ社長(一瀬邦夫)の家族

 

大成功していて幸せなイメージの一瀬さん。

 

母子家庭で育ち、裕福な生活はしていなかったそうです。

 

病弱だった母親に料理を作ってあげていた事が、料理の道を志したきっかけとの事。

 

そして結婚したのが1970年で、「キッチンくに」のオープン1か月前。

 

一瀬さんが27歳、奥様が26歳の時でした。

 

子供を2人授かり、安穏の日々を過ごしていたそうです。

 

しかし立ち上げから苦楽を共にした奥様は48歳という若さで亡くなっています。

 

インタビューで

 

細やかな気遣いができる女性で、妻に会いたくてやってくるお客さまも多かった。ただ、けんかも多かった。(中略)「もっと優しくしてやればよかった」との思いがこみ上げ、涙が止めどなくあふれました。

引用:https://www.sankei.com/life/news/170512/lif1705120016-n1.html

 

と、立ち上げから二人で力を合わせてきた奥様への愛を語っています。

 

現在は再婚されているようですよ!

 

子供については、一人はいきなりステーキの幹部として活躍しているようです。

 

株式会社ペッパーフードサービスの役員の中に「専務取締役・管理本部長兼CEO」として”一瀬健作”という方がいました。

 

引用:http://www.ullet.com/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9/%E5%BD%B9%E5%93%A1

 

健作さんの生年月日は1972年(昭和47年)6月26日ですから、結婚2年目で授かった事になりますね。

 

この流れで言うと、もう一人も男の子であれば経営に関わっていそうですが、”一瀬”という性の役員は健作さんしかいないので、もしかしたら女の子なのかもしれませんね!

 

まとめ

 

2013年に銀座に1号店をオープンしてから順風満帆な敏腕社長と思っていました。

 

しかし奥様の死や、店員の不祥事など色々な苦難を乗り越えていたんですね。

 

お客様を大切にするだけでなく、従業員も大切にする、会社と共に成長してきた優しい社長というイメージに変わりました!

 

「つぶれない店」にゲスト出演するのも納得です。

 

番組内ではどんな話が聞けるのか、楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ