三原舞依の高校や性格は?かわいい衣装画像に病気からの復活も!

スポーツ選手
スポンサーリンク

三原舞依さんと言えば2016-17シーズン第85回全日本選手権大会で3位に入った今大注目の選手の一人ですよね。

 

三原舞依 記事上

 

2017年1月21日から23日に行われた高校総体では、SPは坂本花織に次ぐ2位だったのが、フリーでミスのない演技をして逆転の優勝を飾りました。

 

1月26日より長野県で国体が始まり三原選手は少年女子で出場!上位陣は高校総体とほぼ同じメンバーになってるようです。

 

四大陸選手権(2月)、世界選手権(3月)の代表でもある三原選手がどう演技するのか見ものです。

 

今回はそんな三原選手について調べていきたいと思います。

 

三原舞依のプロフィール

三原舞依 プロフィール

名前:三原 舞依(みはら まい)
生年月日:1999年8月22日
出身地:兵庫県神戸市
血液型:A型
身長:154cm
所属:神戸ポーアイランドFSC

 

三原舞依の高校

三原選手は神戸市立飛松中学校を卒業し高校は兵庫県立 芦屋高校に通ってます。

 

場所は兵庫県芦屋市宮川町でした。

 

芦屋高校

 

芦屋と言えばちょっとお金のにおいがプンプンしますwww

進学校で偏差値は56とそれほどでもありませんが、比較的自由な学校で評判もいいです。

 

科目も単位制の為、フィギュアで忙しい三原選手にとってはいい学校なのかもしれませんね。

 

芦屋高校卒業の有名人としては、サッカー日本代表元監督の加茂周さんや俳優の勝呂誉さん、半田健人さんがいらっしゃいます。

 

スポンサーリンク

三原舞依のかわいい衣装

フィギュア選手の衣装はその曲に合わせ、それぞれ個性を出していてそれを見るのも
楽しみの一つですね。

 

三原選手もそれぞれ曲にあった衣装を着ております。

 

’15-’17 SP
三原舞井 衣装2

 

’15-’16 フリー
三原舞衣 衣装4

 

’16-’17 フリー
三原舞依 16

 

’16-’17 エキシビジョン
衣装

 

自分はエキシビジョンがかわいくていいと思いますwww

 

病気からの復活!

2015年の末に三原選手は両膝のはげしい関節痛に悩まされました。

 

その三原選手を襲った病気とは

 

若年性特発性関節炎

 

16歳以下の小児期に発症する原因不明の慢性関節炎で『若年性リウマチ』とも呼ばれるそうです。

 

若年性突発性関節炎の割合は小児の人口10万人に8.79人と推定されており発症率は年間10万人に1人となってます。

 

全身型と間接型に分かれていて、間接型は10歳以降の女児に多くみられるとか。

 

症状は関節炎(間接の腫れと痛み)を伴って高熱が続き、皮膚の発疹が見られるそうです。

 

三原選手は2015年のジュニアグランプリ杯で痛みを堪えながら出場し、帰国後入院しました。

 

膝の間接病気の為、ジャンプは全く飛べない状態でしたが、三原選手は決してあきらめていませんでした。

 

2週間の入院生活ののち5ヶ月も練習できない期間が続きその間は陸上でのトレーニングに費やし日々を過ごしたそうです。

 

スポーツ選手って一日でも練習を抜くと調子がおかしくなってくると言われてますから、5ヶ月は三原選手にとっては非常に長い時間だったと思います。

 

しかし2016年の8月に復帰戦で見事3位に入り、ISUチャレンジャーシリーズのネーベルホルン杯で見事優勝します。

 

闘病中でもやり方を変え、精一杯練習をしてきた結果がこれなんですね。

 

これからどのような状況になっても乗り越えていける三原選手はこれからも飛躍していくのでしょう!

 

頑張っていって欲しいと思います。

追記:2017年2月18日四大陸選手権でSP3位の三原舞依選手がフリーで逆転優勝しました!

もう全部のジャンプを完全に飛びきった三原選手初の四大陸選手権で優勝、そして初の200点越えを達成して平昌オリンピックに一歩近づきましたね。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ