桐谷健太の特技はドラムや三線!結婚や子供は?演技力の評判も!

俳優
スポンサーリンク

今auのCMで浦島太郎役を演じている桐谷健太さん

auのCM浦島太郎編↓

桃太郎役の松田翔太さんと金太郎役の濱田岳さんとの
掛け合いが面白いですよね。

そんな桐谷健太さん、4月より放送のTBSテレビ60周年特別企画
日曜劇場「天皇の料理番」に主人公の生涯の友・松井新太郎役
で出演します。

今回はそんな桐谷健太さんへスポットをあてていきたいと思います。

桐谷健太のプロフィール

桐谷健太 プロフィール

プロフィール
本名    桐谷 健太(きりたに けんた)
生年月日  1980年2月4日
出身地   大阪府
身長    181cm
血液型   O型
趣味    旅
所属    ホットロード

きっかけはなんと保育園児の時に映画「グーニーズ」を観て
この「この四角い箱(スクリーン)に入りたい」と役者を目指したそうですよ。

また高校3年の時、役者を目指して東京へ行くことを
決意したが、家族に大学で4年間考えてみたらと促され
東京の大学に合格し上京したようです。

桐谷健太の特技はドラムや三線!

桐谷さんは映画「BECK」でラップ・ボーカルの部分を
吹き替えなしで、自分の声で歌っています。
音楽センス抜群なんですね。
その中でも、特にドラムが得意だそうですね。
映画「ソラニン」でドラムの演奏が観れます。

映画「ソラニン」でドラム披露 

1分32秒ぐらいから始まりますよ。

また変わったところで三線も特技にもっている
そうですね。

沖縄で三線に遭遇してハマったそうです。
2008年にはなまるで三線を披露していました。
なんでも出来るのですね(^^;

スポンサーリンク

桐谷健太さんは結婚してる?子供は?

桐谷さんは2014年4月2日に入籍しましたとブログで発表!

題名:決心

みなさんこんにちは。

桐谷健太です。

お元気ですか?

俺は相変わらず元気です。
今日はお伝えしたいことがあってこれを書いてます。

突然ですが。

ほんまに突然ですが。

桐谷健太、本日、入籍しました。

あまりにいきなりで驚かしてしまったら、ごめんなさい。

相手は29歳、母性が強く、おっとりとした、心根の優しい一般女性です。

初めて出逢ったのは4年前。

お互い近づいたのはゆっくりと。

急接近は昨年の暮れ。

決めたのは本能です。

そして幸せなことに、俺、年内中にお父さんになります。

またまた驚かせて、ごめんなさい(笑)

俺自身もびっくりで、新しい世界の光に動揺を隠せません。

ただ、

今こうやってこの場所に立てているのは、

まっすぐに応援してくださってるみなさんのおかげや。と、心から感じています。

本当にありがとう。

そしてオトン、オカン、兄貴、親戚、友達、ホットロードチーム、先輩方、仲間、風と空と太陽、今まで出逢った人たち、自然、色も音も匂いも、温度や歌も。

俺もあなたも。

全てのおかげやと身体中で感じます。

そんなみなさんに、今まで以上のエネルギーと、血のかよった全身全霊の芝居と、俺が俺をまっとうすることで、しっかりお返しできたらと思っています。

そっと温かく、見守っていただけたら、ほんまに嬉しいです。

これからも人生と芝居を真剣に遊びます。

ぶちかましていきます。

みなさん、心からありがとう。これからもどうかよろしくお願いいたします。

みんなに素晴らしい日々が訪れますように。

笑顔が1つでも多く咲きますように。

幸せでありますように。

俺、ほんまのええ男になる!!

やったる!!

ありがとう!!

大好きや!! (引用:HOT ROAD)

結婚の相手は5歳年下なのですね!

しかし気になるのは嫁のおなかには子供がいて
今年中には生まれるとの事!

ということは、でき婚だったわけですね。
それを決めたのは本能と言い切るのはちょっと
微妙な気もしますが・・・

さてお子さんの方は今2015年と年も越したので
生まれているはずですが、現段階での正式発表は
なさそうです。2chでもこの話題で盛り上がってました。

発表がないのは、いらぬ憶測が飛ぶので早く安心
させてほしいですね。

桐谷健太さんの演技力の評判は?

桐谷さんの演技力はどれほどか調べてみました。

桐谷さんはまずあの厳しい井筒和幸監督に「ウチの卒業生の”出世頭”」
と言わせるほど気に入られていて、それだけでも演技力は
高い方だと思われますよね。
桐谷健太

また北野武監督にも良い評価されているようですね。
アウトレイジ

映画「アウトレイジ・ビヨンド」に出演した時
NGなしの一発OKの演技をしたことで北野武監督に褒められた
過去を持っています。

桐谷さんは内面からでる個性を出せる俳優だと思うので
これからはもっと上を目指して頑張っていってほしいと思います

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ